楽しく合わせられるようになった。

ここのところ、どうも疲れちゃって。
暑さでバテてる、というのもあり。

最近、雨が多くてそこまで暑くはない、とは言っても、やはり暑かったときのバテが体に残っていて、いつもダルいし眠い。


なので、練習は休み気味に、一日おきくらいにしていた。
しかも、ヴィオラは休んでヴァイオリンだけ。


曲も簡易に、無伴奏はお休みにしていて、もっぱらバッハの二つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調から第1楽章。


これを、毎度おなじみ、Jenny Yun ちゃんの動画(からCDに落とした音源)に合わせて弾くのだけど。

これが、なんと、日々、弾けてきた。
前は、あのスピードについていくだけでとてもじゃないが精一杯というか、いっぱいいっぱいというか、必死すぎて、それでも合わせられてなくて、合わせるだけでヘトヘトに衰弱していた。


それが、かなり余裕で合わせられるようになってきた。
驚いたことに。

2ndのソロパートとピアノ伴奏(本当はオケだけど)の動きを、よ~く聴きながら、それにぴったり合わせて弾くことができるようになってきた。
まだところどころ雑いけど、すべて完璧にキレイに合わせて弾けたら、もっとたのしくなるね。


やはり、1日おきに練習、というのがいいのかもしれない。
1日おくと、疲れが取れて、左手指に疲労が残っていない状態で練習ができる。

左手指の筋肉が、あまり痛くないんですね。

そして、あのスピード感にも、かなり慣れてきた。
バッハのあの曲特有の、二つのヴァイオリンがメカニカルに絡み合うあの独特の感じ。
あれを、初めて楽しみながら弾くことができた。

すげぇ……


もうずーっと前に、あれはもう、30年以上前なのか……?
発表会で、2ndパートで弾いたことがあったハズなんだが。

あの時は、相手のパートを聴いて合わせる余裕なんてなかったし、1stとの絡み具合を弾きながら楽しむ、なんていうことは一切、できなかった。


でも今は、それができる……
しかも、合わせて弾いても、それほど疲れない。
余裕で合わせられている。

多少、指が追いつかなかったり、弓が跳ねちゃったり、そういうアラはあるものの、おおむねゆとりを持って、最初から最後まで通して合わせられるようにはなった。

すごいな……


一時は、いくら頑張っても、余裕で合わせられる日なんて来ないんじゃないか、いつまで経っても左手指が痛くて、まともに弾けないままなんじゃないか……という弱気な気持ちがきざしてきたときもあったのだが。
でも、そういうネガティブな言葉は、こういう場所で書かないようにしているんですよ。

だって、書いちゃうと、自己暗示にかかって、「やっぱり自分はできないんだ」という思い込みが無意識下に入り込む。
そして、その通りの現実を作り出す。
「ほうらね、やっぱりできなかったでしょ」と、まるで予言が成就したかのように思う。

これは、間違い。
ただの、悪い思い込みにすぎません。

だから、できないとか、ダメだとか、そういうネガティブな言葉は、できるだけ書き込まないように気を付ける。
だからといって、無理にできるとか、やれるとか、頑張るとか、そういうのも、あまり書かない。

無理はしない。
日々、地道に修練を重ねるだけです。
無心に。

そうすると、不思議と成果が表れてくる。


それはそうと、上で述べた「思い込み」というヤツ。
これは、エセ占い師がよく使う手口です。

エセ占い師が、「あなたは○○で、○○のようになるでしょう」とか何とか、もっともらしいことを言う。
言われた方は、「あ、そうなのか、○○なのか!」と思い込む。

そうすると、無意識に、その思い込み通りの現実を作り出してしまう。
そして「あっ、占い師さんの言った通りになった! やっぱりあの人の占いは当たる! すごい!!」ってなってしまう。

いや、それ違うから。
ただ単に、占い師に操られているだけですから。


熱心な信者は、そうやってますます、占い師を信じ込むようになり、ますます、占い師の言う通りの現実を作り出しては、当たった、当たった、と喜んでいる。


おかしいですから。


人の未来を、そんな正確に確実に予言できる人なんて、この世に存在しません。
昔から、占い師の手口は、上記のような無意識下に思い込ませてその通りの現実を作り出させていく、というそれだけのこと。


実際に、身近にそういう出来事があるから、危機感を覚える。
ヒドいのになると、占い師が「あなたは自殺しますね」と客に言ったそうだ。
そしたら、その客はホントに自殺したんだそうです。
その出来事から、「占い師の言った通りになった、すごい、すごい」とか言ってる人がいたんですよ。

いや、これ、明らかに違うでしょ。
自殺したいなぁ、と悩んでる人に向かって、「あなたは自殺します」なんて言ったら、言われた方は「ああ、そうか、やっぱり自分は自殺するのか」と思い込んじゃって、そりゃあ、本当に自殺してしまいますよ。
これは、占い師がその人を殺したようなモノなんですね。
占いでもなんでもない。
人にそのように思い込ませて、自殺にまで誘導してしまう。
もはや犯罪の域です。
こういうことが、もう30年か40年くらい前だけど、実際にあった。

まあ、自殺とかそういう激越なところまではいかなくても、似たような事例は現在でも日本のあちこちでいまだに行われている……

おっと話しが逸れた。

まぁ、別にもともと大した話はしていないから、逸れようがどうしようが、割とどうでもいいのですが。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード