妹が作った痛いRPGシリーズ(笑)

最近、YouTube動画でハマってしまったものがあって。

妹が作った痛いRPG』シリーズという。
数もかなり多い……


今から6年前にスタートしたらしい。
6年前にさかのぼって、順に見ていっているが、これがもう、見るたびに爆笑。
いくつか見てきたけども、「これはイマイチ笑えなかったな」っていうのが、皆無!
全てが、必ず笑ってしまう、という、凄まじいパワー。

これはとんでもねぇゼっ!!


「妹」というのは、高橋邦子というらしく、スタッフロール(笑)に名前が一人だけ表示される(爆)
うぷ主のZAKO2012というのが、兄貴なのか姉貴なのかは不明だが、恐らく妹(高橋邦子)がつくったのを、ZAKO2012氏がプレイして録画して、アップしているのであろう……


それにしても、内容が凄まじすぎる。
しかし、これだけ笑える内容のものを、こんなに数多くアップしていながら、あまりメジャーにならないのには、理由がある(と思われる)。

日本でメジャーになる漫画とかアニメとか、映画とかドラマって、必ず、友情とか仲間とか、愛情とか何だとか、思いやりとか優しさとか、誰かを守る! とかそういう、少年ジャンプ的な情に訴える部分があるじゃないですか。


『妹が作った~』シリーズには、そういうのがまったくないんですね。


登場人物が、とにかく全員、ひどい人ばかり。
冷酷で残酷で、究極的に自己中で暴力的で攻撃的。
すぐに、相手をぶち殺しにかかる。
そしてホントに殺してしまう(ゲームの中で、の話しですが)。

しまいには、人類抹殺、とか地球破壊、とかまで進展しちゃうから、そのはちゃめちゃさたるや……


ストーリー展開は、まったく先が読めない、奇想天外かつ奇妙奇天烈、脈絡や必然性が一切ない、その場の思いつきなのか、それとも巧妙な計算なのか……?


意外すぎて、大爆笑してしまうよ。


このめちゃくちゃさ……
何かを思い起こさせるような……?


あれだ。
昔の、『トムとジェリー』。
あれも、昔の初代のヤツは、かなり内容がひどかった。
トムもジェリーも、相手に一切、情け容赦も遠慮も会釈もなく、殺し合いまでやってのけていたからね。
トムなんて、死んでしまうことも何度かあったような(ジェリーも?)。
しかし、次の回では何事もなかったかのように生き返っていたし。

あのめちゃくちゃさに、似ている気がした。


日本人が好きな、情に訴える部分がない、という点でも共通しているような。



そもそも、最初はゲームのプレイ動画(悪魔城ドラキュラとか、ね)を見ていたら、たまたま『妹が作った痛いRPG「エロタワー」 』ってのが表示されて、「あ~、素人が作ったRPGのプレイ動画か~、しかも痛い、とかって。エロタワー? 何かエロいの?」と少し期待して、見てみたのがキッカケ。

この動画、34分28秒もある、かなりの長編なのですが。




まったく退屈することなく、最後まで見てしまった!

エロいから、ではない。
見てみれば分かるが、全然、エロくない!!
エロ要素、ゼロ(笑)


タイトルは、ただの釣りらしい。
しかし、その虚偽タイトル(笑)に釣られて、見てしまったが最後……

怒涛の邦子ワールド(笑)に惹きこまれ、最初から最後まで笑いっぱなし。
大爆笑で腹がよじれる。
腹筋崩壊とは、まさにこのことか……


これほどの作品を世に送り出してしまうとは……
邦子、おそるべし。

間違いない。
高橋邦子、ヤツは、まぎれもなく天才だ……



個人的に、お勧めというか激烈に爆笑したヤツを紹介してみることにする。

妹が作った痛い RPG 「エッチな夏休み」


念のために言っておくが、内容はまったくエッチじゃない(笑)
RPGと銘打ってはいるが、恋愛シミュレーションとかアドベンチャーゲームみたいな感じ。
しかし、全編にわたって、笑いが止まらなかった(爆)
ぶっぽるぎゃるぴるぎゃっぽっぽぁぁぁぁぁーっ!(笑)


妹が作った痛い RPG「川越スチュワーデス物語」


これも、かなりヒドい(笑)
いや、いい意味で。


妹が作った痛い RPG「ロリコップ」


特に完成度が高い一品。
コメント欄でも、「最高傑作」との呼び声も高い。
ちなみに、「ロリ」要素は皆無(笑)
唯一、アイキャッチ画像に、ロリっぽい女の子の一枚絵が出るのだけがそれっぽいっちゃぁ、それっぽいが、内容には一切、無関係、っていうところがいかにも邦子クオリティ(笑)
とにかくストーリー展開の滅茶苦茶さ、奇想天外さ、そして壮大さ。
しかも……
いや、多くは語るまい。
とにかく、一見の価値はある。


登場人物が、全員、とにかくヒドすぎる!!(笑)



高橋邦子作品は、そのすべてが、起・承・転・結に当てはめて言うと、もう、起・転・転・転・転倒・七転八倒・捧腹絶倒、そして結の部分はあるようなないような、一応、それっぽいのはあるんだけども、それもそれまでの流れとあまりというかまったく関係ないような話で、それも結局は転に当たるような。

全編にわたって、転に次ぐ転、まったく先を予想させないむちゃくちゃ極まる展開に、爆笑してしまう。
そして、一回見て知っていても、改めて見返してみても、またさらに笑ってしまう。


とんでもねぇぜっ!!


埼玉県川越市に在住しているらしいが……
川越といえば、うなぎが美味しいですよね。

あぁ……川越にうなぎ食いに行きてぇな。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード