無味乾燥な練習曲の意義

最近、忙しくって疲れちゃって。
あまり練習できない。

ヴァイオリンは、『花は咲く』みたいなメロディーを弾くだけの易しい曲を弾いて終わり、という日が多い。
そうするとどうしても、ハイポジションを使用しないため、ハイポジションを弾く感覚が鈍ってしまうのではないか、という懸念が頭をよぎる。


かといって、ハイポジションを使用する曲って、難易度がそれなりに高くて、しかもハイテンションが必要とされるじゃないですか。
バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番のサラバンドあたりにしても、ハイポジションに上がって弾くとなるとそれなりに精神的高揚が必要とされるし、何より無伴奏は音が多くて弾くのもしんどい。

お仕事で疲れちゃってると、なかなか弾く気力がない……


そこで、どうするか。


∑(。・д・。)b アッ!!


そうだ!
『新しいヴァイオリン教本』(白い本)の4巻に、ハイポジションの音階練習みたいな、分散和音練習みたいなのが載ってたハズ……

ガサゴソ((束))ヘ(・ω・`ヘ)>* ……
*<(´・ω・)っ□アッタ‼



巻末に、第5ポジションくらいまで上がる練習曲が掲載されている。
その中から、なんか分散和音っぽく上にのぼってまた下におりてくるタイプのヤツを選んで弾いてみた。


な、なるほど。
これ、意外といいですね。


こういう音階練習じゃなくって、曲の中でハイポジションに上がる、となると、どうしてもそれなりにテンション上げて歌わないと上がれないじゃないですか。

でも、音階練習なら、それほどテンション上げなくても、歌わなくてもハイポジションに上がれる。

あまり気負わなくても、左手指の訓練だけが効率よくできるじゃあないですか。


そうか!
そういうことだったのか……

無味乾燥な練習曲の存在意義って、それだったのかッ!!

今ごろ、気づいたよ。


30年以上にもわたって(ブランク有り)ヴァイオリンに取り組み続けてきて、今までずっと、無味乾燥な練習曲なんて何のためにあるんだー、あんなの意味ねぇ~、やる必要なし! テクニックは曲を弾きながら習得すればいいじゃん! 楽しもうぜッ!!
……としか、考えていなかったが。


こう、音楽的に歌わずに、左手指のテクニックだけを淡々と訓練する、っていう、そういう場面で、無味乾燥な練習曲が実は大活躍だった、というワケですね。


無駄にテンション上げなくっても、ハイポジションに上がる感覚を左手指に忘れさせないために、非常に有用だということが、初めて分かった。

遅ぇよ……(-_-;)



ま、あまり面白くはないですけどね。
でも、役に立つことは分かりました。
これからも、時々やっていこう……

ハイポジション強化月間。



ヴィオラに持ち替え。
ヴィオラの方でも、かなり「安定した構え方」が安定してきた印象がある。
昔の弓でも、かなりいい音がブンブン出るようになってきた。
やはり、安定した構えは強い……


んで、ちょっと調子に乗って。
『ヴィオラ名曲31選』の後ろの方に、ドビュッシー作曲の『小組曲』というのが載っている。

これを、かな~り久しぶりに譜読みしてみた。
これは全4曲からなっているが、第4曲の『バレエ(Ballet 』)だけ、ずーっと昔に発表会で弾いたことがあった。
……ハズなのだが。

例によって、何も覚えていないッ!!
(T▽T)


こ、こんな曲どうやって弾いたんだろうか?
ハイポジションがバリバリに出てくるし……

しかも、フランスもの特有の、訳の分からなさ。
なんスかね、このドビュッシーの意味不明な感じ。

いや、世の中にはいろいろな人がいて、フランス系が大好きで、特にドビュッシーが好き! という方がいらっしゃることは知ってますよ。
しかも、割と身近にいる。


しかし……ワタシには、その「良さ」が理解できないッ!!


ドビュッシー、何がいいんだぁ~っ!!
分からんぞ~ッ!!!


まあ、そんでもこの『小組曲』はまだ聴きやすい方だと思う。
聴きやすくて、親しみやすい方だとは思いますが……

聴くと弾くとじゃあ、大違い。
すさまじく、難しい。

音程も取りづらいし、音楽的に理解不能。

どう歌えばいいのか、ちょっと意味が分からないですね。
試しに第2曲の『行列(Cortège)』も譜読みしてみたが、難しすぎる……

テクニック的にもそうだし、音楽的にも難解。
まさに、奇奇怪怪……


ドイツ的な演奏様式はまだ理解できる気がするけど、フランスものだけは、いまだに理解できない世界だわ。


好みの問題なんでしょうか。


いつの日か、理解できるときが来るのか。
それとも、一生分からないのか!?

謎は深まる……



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード