プチヴィオラ祭り開催(オイ

しばらく間が空いてしまった(こればっか)。

先週の土日は、那須の温泉に泊まりに行ったり、その後は、娘(ママ)がちょっと仕事絡みの研修に泊まりで参加してきたので、その間、Rちゃんを妻と二人でみていたりしたので、あまり練習できなかった。

那須の温泉については、また日を改めて……書くのか?
そう言いながら、結局何も言及しないまま終わるパターンかも。


まっ、それはともかく……


今日は日曜ということで、久しぶりにたくさん練習してみた。

まずはヴァイオリン。
バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番から、第4楽章アレグロ・アッサイ。
この曲は、あまり練習できないときでも、とりあえず一回通すくらいは弾いていたので、ずいぶんと弾けるようになってきた。
終盤のハイポジションも、かなり正確に音程が取れるようになってきていて、全体的に止まらずに弾くことが可能となりつつある。
もう少し安定性を高めてから、録音に行きたい……


そしてバッハのヴァイオリンソナタ第1番ロ短調。
こちらも、なんだかんだと言いながら(言ってない)、第1楽章と第2楽章がずいぶんと弾けるようになってきた。
なので、今日は第3楽章と第4楽章も譜読みしてみた。
第3楽章はまあ、地道に練習していけば、問題なく弾けるだろう。
第4楽章は、かなり難しい。


その後、またしてもメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調。
懲りずに。

相変わらず難しく、出だしの主題からして、なかなかうまくキマらない……

最初の1ページ目を通すだけでも、左腕が痛くなってくる。
かなり強靭な筋力が必要とされているようだ。 カラオケCDのオーケストラ(いい音!)に合わせてみても、やっぱり弾けねぇ!!
当たり前だ!

1ページ目だけを、何度も何度も繰り返し、オケに合わせたり、合わせないで遅めに弾いたり、いくらやっても、やっぱり弾けるようにならない。
ま、これだけは時間を掛けるしか……掛けてもどうだか。


いい加減疲れたので、やめようかと思ったけど、最近ヴィオラをさわってなかったので、おもむろに取り出してみる。
まずはテレマンのヴィオラ協奏曲。
もう、ヴィオラを取り出して肩当つけたり、弓に松脂を塗る段階から、脳内に前奏部分が流れ始めている。

脳内伴奏に合わせて、弾き始めてみた。
ええのぅ。
いい音出る。

第2楽章は出だしをちょこっとだけ弾いて終わりにして、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番へ。

今日は、出だしから割と好調。
やはり、調整してもらって生まれ変わったヴィオラは、もう以前とは別人のようにいい音が出る。
プレリュードからアルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエット、ジーグまで全部通して弾いてしまった。
プチヴィオラ祭りだ。
前よりも、楽に弾けるようになっている。
楽器が良くなったおかげである。

腕のいい職人さんに調整してもらえば、楽器はそうとう良くなる、ということらしい。

う~ん……もうだいぶ前、まだ教室で習っていて、オケやら室内楽やらのヴィオラパートを弾いていた(弾かされていた?)あの頃に、今ほどいい音が出ていたら、また少し人生が変わっていた可能性もあるなぁ、などと考えてみたり。

しかし、人生に「もし」はない。

全ては、自分で選んでいるかのように見えて、実はそれ以外に選びようはなくて、振り返ってみると、ある決まった道を進んできただけなのではないか、と思えるのである。

そんなことを考えつつ、疲れたので、練習は終わり。
プチヴィオラ祭り終了。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード