昼間から練習。

日曜日くらい、ゆっくりしたい。

と、いうわけで、昼間から練習した。

この、昼間から練習というのは、「昼間から酒」と同じくらい贅沢感が漂う。

というか、酒飲むと酔って練習できなくなるから、俺は昼間から酒は飲まないが……

それはともかく。

曲は相変わらず、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番ハ長調から、第1楽章と第2楽章フーガ。
そして、無伴奏チェロ組曲第1番の第1曲プレリュードも弾いてみた。

ソナタの方は、第1楽章がずいぶんと覚えてきて、そうだな、あと1ヶ月くらい頑張れば、録音に行けるかな。
とはいえ、ここのところ、毎日練習できない日が続いているため、実際には1ヶ月では行けないかもしれない。

あくまで、毎日練習して、1ヶ月くらい掛かりそうだ、という見通しである。

フーガの方はというと、まあ、だいぶ覚えてきてはいるものの、やはり難しい。
あと3ヶ月は掛かりそうだ。しかも、毎日練習できて、の話である。


無伴奏チェロ組曲は、ヴィオラ自体にずっと触っていなかったので、ずいぶんと錆びついてしまっている。
以前まで覚えていた指使いも、忘れてしまうし。

楽器の扱いがヴァイオリンとは微妙に異なるため、かなり慣れなくて音を出すのが辛い。
弓の運びからして、距離感が違う。
毎日少しずつ弾いて、思い出すしかないのだろうが、毎日できないから困る。

それから、やはりヴィオラの方が楽器がデカいせいで、肉体的にはしんどい。
でも、無伴奏チェロ組曲第1番のプレリュードは、いつ弾いてもいい曲である。

人気の高さが頷ける。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード