練習どころではなかった。

前回練習してから、2週間以上が経過した。

実は今、ウチの事業所が大変なことになっていて、それどころではなかった。

まあ、簡単に言うと、ウチは家族経営の中小零細規模のとある事業所だと思ってくださって構わないんだけども。

その機関部分を担うべき人物が、職場放棄して一切出てこなくなった、と思ってください。

まあ、たいへんですよ。
その分の業務は、全てぼくがやらなければいけなくなった。

引き継ぎも非常におざなりでいい加減、かつ横暴極まるもので、それはそれは苦労しつつ、時には深夜の2時とか、朝方の4時とかにまで渡ったり。

もうここからは、自力・独学でやるしかないワケで。

端的に言うと、経理・会計事務、給与支払、健康保険関係手続、お役所関係手続その他雑務、といったものが全てぼくの仕事になったわけです。しかも、唐突に。

これまで実は、兼業で副業を持ちつつやっていたのだが、どうも副業の方は規模縮小していずれは廃業しなければならないようだ。

そんなこんなで、明日も忙しい。
いや、もう、ずっと毎日、忙しい。
やるべきことは、次から次へと山積している……



と、いうワケで。

神経が参るので、たまにはヴァイオリン練習。
曲はいつも通り、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番ハ長調から、第1楽章と第2楽章。

久しぶりだから若干、指の筋力が衰えているのを感じつつも、それを無視して無理やり音を取り続けるのであった。

いやあ、いい曲だ。

弦が古くなって、ややヘタり気味ではあるが、交換している余裕すら、ないよ。

でも一度、最後まで譜読みすると、後はもう楽になるもので、最後まで通すのが苦じゃなくなった。

明日からも、いつ練習できるか分からない状況だから、気長に、少しずつ弾きこんでいくしかなかろう……

最後に、フーガについて一言。

和音が激しいところもいいんだけども、そこから抜け出して急に8分音符で動くパッセージが出てくるところがある。
そこに入った瞬間に、何とも言えない感動というか、爽快感というか、清涼感というか……言葉に尽くせぬ情感があるね。

それだけ。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード