モーツァルトのデュオ。

今日の練習メニュー。

バッハ、無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調から、第3楽章アンダンテと第4楽章アレグロ。
アレグロは、初めて最後まで譜読みしてみた。
む、難し……(-_-;)

次に、モーツァルト、ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲ト長調から、第1楽章をヴァイオリンパート、ヴィオラパートそれぞれ2回ずつ通す。

ヴィオラは、左手、左腕が痛くなる……
楽器が大きい上に、弦が太いので、ヴァイオリンよりも左手指の筋力が要求されるのだ。
キツいっす。

う~ん、だけど、無伴奏のアンダンテはすげぇいい曲だし。
モーツァルトのデュオも、すごくいい曲だ。

しかし。

無伴奏のアレグロ、4楽章だけは、異様に地味で、いい曲なんだか、何なんだか、よく分からない曲である。
自分で弾いてみても、「?」な曲だ。
CDを聴いても同様であることは、言うまでもない。

というワケで、今日はモーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲の全曲をご紹介しましょう。
Youtubeの動画で、映像はなぜか楽譜、演奏者は、不明。

では、どうぞっ!!








一応、元のURL。
http://www.youtube.com/watch?v=tjOdiZ6M6mg

http://www.youtube.com/watch?v=afTT6H_JAEQ&feature=endscreen&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=dVGsygUGsnI

実は、第2楽章も、第3楽章も、すげぇ~、いいんだよなぁ。
特に、第3楽章が好き。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード