バッハっは~♪

今日は、バッハのヴァイオリン協奏曲第1番イ短調から、第1楽章、第2楽章、そして第3楽章の途中までを弾いてみた。

昨日、ゆっくり丁寧に音程を取ったおかげで、今日は第1楽章がかなり正確な音程で弾けた。
しかも、焦らず落ち着いたテンポ(ちょうどいいテンポ)で弾きすすむことができ、例の32分音符で動くところも、ずいぶん理想に近づくことが出来た。

焦らず、落ち着いて弾くと、いいみたいだ。

なので、そのまま調子に乗って第2楽章も弾き始めた。
これ、伴奏がないと休符のところとか、長い音符を伸ばすところとか、けっこうヒマなんだけども、頭の中で伴奏を奏でつつ弾く。
実は伴奏パートも、ヴィオラで参加したことがあるので、けっこう知っていたりする。
特に、全音符で伸ばすところは、伸ばしながら頭の中で伴奏を奏でてないと、どこまで伸ばしたらいいのか分からなくなるし、どこで入るのかもタイミングが取れない。

それはともかく、第2楽章のラスト部分は、相変わらず超絶いい曲だ。
すごすぎる。

そして、ついつい第3楽章。
これもいいね…
あの、ジーグのようなリズムに乗りつつも、哀愁漂う悲しげな雰囲気が、とても良い。
ただし、後半、分散和音になるところは、さすがに難しい。
そこら辺で、今日は練習終了。

無伴奏は、またお休み。
あれ、キツすぎて、かなり壁である。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード