無伴奏チェロ組曲第6番練習中…

最近、J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲から、第6番ニ長調BWV1012をヴィオラで練習している。

この曲はもともと、5弦のチェロのために作曲されたとかで、4弦しかない現在のチェロ(ヴィオラ含む)で弾くとなるとやたらとハイポジションの多用となり、非常に難しい。
5弦あれば第1ポジションで弾けるところを、第5ポジションまで上がらないといけない。これがけっこう、キツい。
なので、録音の目途はまだ立っていない…

無伴奏ヴァイオリンのシャコンヌの方はどうしたのか、というと、現在は練習を休んでいる。
とりあえずはチェロ組曲の6番の方に集中ということで…

しかし、まぁ、自分で録音して聴いてみて思うのだけれども。



市販のCDを聴くよりも、自分で録音したのを聴いたほうが楽しいね。



どんな巨匠、大家、プロのCDよりも、である
(^-^;)
趣味の園芸、なんだろうなぁ…下手でもいい。自分で育てたから、愛着がある、的な。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード