バッハとウィザードリィ

ここのところヴァイオリンは全然弾けないし、ウィザードリィの方もアイテムが全然出てこなくて飽きてきた。

今日は久しぶりに少し練習できて、ヴィターリのシャコンヌを途中まで(全然弾けない)、ブラームスの雨の歌を第1楽章だけ、弾いた。


そこでふと思ったのだけど。


ウィザードリィっていうゲームは、コンピューターRPGのかなり初期の頃に出たもので、爆発的にヒットしたものの一つである。
ウィザードリィのあと、数々のゲームがそのシステムを真似してきた。
ドラゴンクエストの戦闘システムはウィザードリィのまるパクリだし、ファイナルファンタジーの1作目にもウィザードリィからのパクリ要素が濃いらしい(やったことないが)。
ドラクエ、FFに限らず、日本で次々と作られたRPGはそのほとんどすべてが、ウィザードリィの戦闘システムをそのまま持ってきて、少しオリジナル要素を加えたり、ちょっとだけ趣向を変えてみたりしているだけである。
コマンド入力式でターン制の戦闘システム(そして直接攻撃と魔法攻撃を使い分けて敵を殲滅する)、というのがもうまるで「RPG」の絶対的な要素と勘違いされているかのように、あらゆるRPGが例外なくこのシステムである。
例外をとりあえず知らない(やったことないから)。

3DのアクションRPGである『キングスフィールド』にしても、開発者自らがウィザードリィから影響を受けたことを公言してはばからないという始末。


ことほどかように、後のゲームに多大なる影響を及ぼし、今も及ぼし続けていて、ウィザードリィのシステムは初登場時からすでに完成されており、それを超えるシステムはいまだに発明されていないのである。
どんなRPGでも、純然たるアクションを除けば、コマンド式でターン制の戦闘を採用しているものは、全てがウィザードリィのシステムそのものか、あるいはマイナーチェンジ程度にオリジナル要素を少し付け加えただけのものしか存在していない。

考えてみると恐るべきゲームである。
ウィザードリィの前にも、似たようなゲームは一応あったらしいが、爆発的に売れたのはウィザードリィであり、特に日本で大きな影響を残したのはウィザードリィであった。

これをクラシック音楽に当てはめてみると、バッハがまるでウィザードリィのような位置にいることに気付く。

バッハの後の作曲家はみな、モーツァルトもベートーヴェンも、ブラームスもあとは誰だったかな。
みんなバッハの音楽を学び、そこから影響を受けつつ、自分の作風を確立していった、と聞き及ぶ。

もちろん、バッハより前にも作曲家はいたが、バッハほどの影響力を持つには至らなかった。
だから、バッハは音楽の父、などと呼ばれている。


そうすると、ウィザードリィはRPGの父、と呼ばれてもいい存在なんじゃないか、などと思ったりする。

ウィザードリィがなかったら、ドラゴンクエストもファイナルファンタジーも、その他のRPGもすべて生まれなかった。
同じように、バッハがいなかったらその後のあらゆる作曲家も存在し得なかったのである。


なんとな~く、バッハの無伴奏曲と、ウィザードリィには何か似たにおいがするような気がしていたが……


どちらも、それぞれの分野において“源流”とでも言うべき位置にいて、後の世代に多大なる影響を及ぼしていたのだった。
歴史の長さ、という点ではずいぶん違うけども。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

まだリハビリ中。

リハビリというか、何というか。

どうもここのところ、練習があまりできない状況が続いていて。

というのは、孫が発熱したりなどして。
母親(娘)がちょっと忙しくて、ワシらで面倒見なくちゃいけない日があったり。

もう、振り回されっぱなし(T_T)

朝は早く起こされるし、疲れがとれなくて。

だから、今日もバッハのヴァイオリン協奏曲。
第1番イ短調と、二つのためのニ短調。

弾くときに一番、気を遣うというか、必ず実践すると決めていることは。

ワンフレーズごとに、全てのあらゆる場面で、自分の「心に沁みる」ように弾くこと。
「心に沁みる」などと書くと、なんだかものすごく難しくて大変なことのように聞こえるが、実はそうでもない。

具体的に述べると、音程を正確にとることである。
ある音から、次の音へ移るとき、その音と音とが、仮に同時に弾いた場合に和音としてちゃんとキレイに響くように、今の音と次の音との間の和声的な響き合いを感じながら、次の音へ移るのである。

そうすると、心に沁みてくる。
そして、音程も正しくとれる。

ただ、あまりにも腹の立つことがあったりすると、ストレスによりこれができない。
そういうときは、無理して練習せず、その怒りを解決する方法を考え、実行するしか、ない。

日常生活のストレスも、ヴァイオリンが上達する上での重要なファクターとなる。
あまり言いたいことも言わず、ため込んでストレスフルな日々を送っていると、どうしてもヴァイオリンも弾けなくなってくる、というワケである。

ストレスのない生活を、ずっと続ける、というのも、なかなかに至難の業ではあるが。
ここらへんが、ヴァイオリン演奏というのは単なる技術の習得ではなくて、精神修養でもある、と考える所以なのであった。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

♪当たり前~

♪当たり前~
♪当たり前体操~

♪練習サボって何日もすると~…


♪弾けない~!( ̄皿 ̄;)


♪当たり前体操~ちゃっちゃ~ん。



…え~、と、いうワケで。
数日のブランクのため、リハビリ中。

リハビリのための曲は、バッハのヴァイオリン協奏曲第1番イ短調から第1楽章と、二つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調から、第1楽章のセカンドヴァイオリンパート。

2曲の難易度を比較するに、やはり第1番の方が難しい。
でも、二つの~の方も、かなりいい曲だ。
自分はもっぱら、セカンドパートを弾いているんだけども。
弾きながら、ファーストのパートを頭の中で奏でつつ、それに合わせて弾く。
上でファーストが弾いているその下で、何やら16分音符でゴソゴソ動き回るところとか、交互に主題を奏するところとか、あるいは二つのヴァイオリンが密接に絡み合うところとか、いいところ満載。

そのうち、両方弾いて、重ね録りでもするか。
伴奏のピアノも、自分で弾いて。

…しかし、実は伴奏のピアノパートが、一番難しい、という。
ピアノはかつてやることはやったんだが、ヴァイオリンやヴィオラほどには力を注いでいなかったので、力が生半可なのであった。

まあ、それはともかく。

練習を休んで、技術的には後退すると、今度はまた丁寧に音程を取ってゆっくり練習するから、かえって良い。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ジジバカ孫自慢(おい!)。

休んでいた。
練習を。あと、ブログも。

意図的に休んでいた、というよりも、できなかった、という方が正しいのだが、実は。

というのは、あまり詳しい事情はここで書けないのだが、ちょっと数日ばかり、ぼくと妻とで孫の面倒をみなければならない事由が発生して。

もう、ヴァイオリンの練習している余裕など、まったくこれっぽっちもなかったのでありました。
孫はようやく3歳になったばかりなのだが、とにかく片時も一人でいることができない。

なので、基本、朝起きてから、夜寝るまで、ずっとつきっきりである。

しかも、日曜ともなると保育園もやっていないので、朝から晩まで、孫づくしの一日。
お昼寝中も、横で見張っている始末で。

練習なんぞ、できるワケがない。

そんなこんなで、結局、指を休めるのにも都合よく、と言うか。
しかし、夜寝るのも孫と一緒なので、よく眠れなくて。
疲れが取れないのであった。

まぁ、でもちょっと嬉しいこともあって。

孫が3歳になったので、誕生祝いということで16分の1サイズのヴァイオリンを買い与えたのだった。
最初は、本格的な外観にビビッてしまったのか、「いんない!」と言って後ずさりしていたが、ママ(娘)が帰ってきた途端、得意になって楽器を構えた。そして、弓を弦に垂直にあてがって、音を出すではないか。

もう、家族みんなで大喜びですよ。

しかも、初心者にありがちな、ギコギコ音ではなく、ちゃんとした澄んだ音を出すので、ママ(娘)がビックリしていた。

そりゃあな。

この俺の仕込みだからな。

…などと、自惚れている場合ではなく、まあ、俺のお手本もよかったんだろうが、それを受け取って再現する、孫自身の能力が優れているのだと、思われる(どっちにしろ、ジジバカそのものでしか、ない)。

まあ、これからどうなるか、まだまだ未知数ではあるが。

まずは、つかみはOK、といったところか。

一番重要なことは、孫が楽器を持って音を出したときに、私たち家族が、喜んであげることだ。
そして褒めまくる。

すると、孫も喜んで、ますますやる気になる。

これの繰り返しで進んで行くしか、ない。

嫌がるのを無理やりやらせるつもりは、まったくないので。
もし、やる気がなくなったら、無理にはやらせない方針である。

別に、ヴァイオリニストに育て上げる予定はないし。
ヴァイオリニストで食べていくには、ちょっと世の中が厳しすぎるからね。

あくまで、趣味でやれれば、それで良いのだ。

それはそうと、今日は孫がベートーヴェンのチェロソナタのCDを発見したので、聴かせたらリズムに合わせてノッていた。

ちゃんと聴いているのだ…( ̄Д ̄;)

ちなみに、演奏者は、チェロがムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ピアノがスビャトスラフ・リヒテルである。

…そして、今日の久々の練習。

休んだとは言っても、全身の疲労がイマイチ抜けきらなくて、とにかく音程が取れなくなっていた。
なので、ゆっくりと丁寧に、音程を取り直した。
曲は、バッハのヴァイオリン協奏曲第1番と、第2番、それぞれ第1楽章のみ、であった。
無伴奏は、またもう少しリハビリしてから、再開予定。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

また体調悪かった。

また、体調が悪くて練習を休んでいた(ブログも)。
どうも、ディズニーランド以来、風邪が完全に治りきらなくて、良くなったかな~と思っているとまた悪化して、の繰り返しである。

これって、実はかなりヤバい?

本当は恐い!家庭の医学!!的な??

それはともかく。

前回、Youtubeの動画をブログに貼り付けてみたのだが、どうも画面が小さくなってしまって、見づらいようなので、改めてURLを貼り付けてみる。

アイザック・スターン
http://www.youtube.com/watch?v=_P8Nd8GeP2w

ダヴィッド・オイストラフ
http://www.youtube.com/watch?v=wbHVIwSMJrw&feature=related

特に、ダヴィッド・オイストラフは、実際のYoutubeで見た方が、弓の動きがよく分かる。


さて、そんなようなワケで。
二日ほど休んで、また練習を再開してみたのだが。

どうも、この、だいぶ下手になっている、というか。
いや、下手になってはいないんだけども、左手の指がヘナヘナになっていて、うまく音程が取れない。
音程感はそれほど悪くなってはいないんだけども、指が行ってくれない。

まだ、体調が完全でない、ということもあるのだろうけども。

困ったものである。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード