ヴァイオリン紛失か!?



ワタシは、ヴァイオリンケースをかついで、電車で街に出掛けた。
妻と一緒に。

デパートで買い物したりした後、ふと気が付くと、背負っていたハズのヴァイオリンケースが、ない。
いつの間にか、背負っていない……


あれ、どこいったんだろう!?
マジで焦る。

そんな……あの愛器が……なくなるなんてっ!?


どこだ……どこに忘れてきたんだっ!?


電車の中か?
駅に行って、忘れもの係(そんなのあるのか?)に行ってみる。
そこの係の駅員が、まったくやる気がない。

こちらの名前は訊くけど、どんなものを失くしたのか、忘れたものの特徴とか、まったく訊いてこない。
そんなんで、見つけられるワケなくね?

駅員の後ろに置いてある、忘れ物を見てみると、楽器のケースみたいなのもいくつかある。
自分のか!?
と思ってよく見てみるが明らかに自分のじゃない。

違う……ここには届いていない。

じゃあ、デパートの忘れ物係か……


ウソだろ……
あれがなくなったら……マジでへこむ。
これはもしかして、ヴァイオリンケースを担いできたというのは気のせいで、実は家に置いたままなんじゃないか。
家に帰ったら、そのままあるんじゃなかろーか……

などと、淡い期待を思い描きつつ絶望の淵に沈んでいるあたりで、ふと目が覚めた。


だはぁ~っ。
(;´д`)=3

ゆ、夢か……
なんて恐ろしい夢だっ!

でも、夢でよかったぁ~……
と、しみじみ思った、今朝の夢。

生涯で見た夢の中でも、トップクラスの悪夢だった。
トップクラスどころか、ダントツのトップかも?
これより恐ろしい悪夢は、なかった気がする……

恐ろしや。
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴィオラへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード