何?この面白さ…

スクールガールストライカーズ内にオープンした『冒険チャンネル』ですが。

なんか、自分的にすっごく面白い。
スクスト×ドラクエ×ファイナルファンタジー、っていう感じでしょうか。

スクストのいつものノリを維持したまま、ドラクエのようなファイナルファンタジーのような世界観の中で、冒険が繰り広げられる、みたいな。


さすがはスクウェア・エニックスですね。
日本製ファンタジーの世界は、まさにお家芸と言える。

BGMは、スクストの曲をモチーフとしながらもドラクエのようなファイナルファンタジーのような、あるいは『いただきストリート』のような雰囲気に仕上がってるし。


最初の「はじめての冒険」を5回ほどクリアして、パーティーのメンバーが全員レベル5になったので次のキノコ採りに挑んだ。
これは6時間も掛かる長丁場。

でもイベントも多いし、戦士の証を手に入れて、テンション上がる!


ちなみにウチのパーティーは、ヒナちゃん、ハルカちゃん、ノエルちゃん、ユイちゃん、マナちゃんの5名。
何となく好きな子ばかり集めてみました。


なんか、ハルカちゃんとノエルちゃんが戦士の証を手に入れた。
うん、イメージ通りというか。
ステータス通りというか。

ユイにゃは魔力が高いから、魔術師系か僧侶系のどっちかなのかな。
まっほーはステータスが運に偏っていて、他が低め、というよく分からないキャラだ。
ドラクエ3だったら、完全に遊び人が向いているよな……


うん。
なんか、放置してるだけで操作はしないけど、なんかめっちゃ面白いぞ。
楽しいぞ。


なんスかね、コレ?

マジ面白いんですけど……


スクウェア・エニックス、やりおるな……

自分、ドラクエは4までしかやったことなくて、ファイナルファンタジーに至っては、確かⅩ(10)を少しだけ妻と一緒にプレイしただけだった気がする(結局、仕事が忙しくて最後までプレイしないで終わった)。


だからそんなに詳しくはないんだけども。
でもコレは何かめっちゃ面白いな~。


今夜も、放置して寝よ。



それはそうと、デスティニー・オブ・クラウンはまだリリースされないのかね。

早くやってみたいんだけど。



あ、練習の方は地味に続けていて。
ヴァイオリンは無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番ニ短調のアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグ。
ヴィオラはカヴァティーナ、白鳥、夢のあとに、シチリアーノ、無伴奏チェロ組曲第1番のプレリュード、アルマンドあたりで。
その辺で、今日は力尽きた。

やっぱりヴィオラは疲れますね……


仕事なんかしないで、一日中、ヴァイオリンとかヴィオラ弾いて過ごしていられたら、そんなキリギリス的生活が出来たら、どんなにいいでしょうか。

マジやりてー。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

そしてゲームの話

久々にゲームの話。

スクールガールストライカーズなんですが、今日(平成29年4月18日)から『冒険チャンネル』というのがオープンしました。

これがまた、めっちゃ面白い……
マジはまる。


総勢36名いる女の子から5名を選んで冒険者のパーティーを組み、いわゆるファンタジー系な世界観の中で、クエストに出発させる。
あとは放置しておくだけで、イベントは自動で進むしクエストのクリアも全自動。
こちらは、結果を眺めるだけ、というお手軽さ。

据え置き型ゲーム機や携帯ゲーム機のRPGのように自分で操作する必要はまったくない。
そんなのつまらないじゃん! と思うかもしれないが、そんなゲームやってる暇がない身にとっては、こういう放置系の方が楽しい。

同じクエストでも、繰り返し挑戦するとイベントが異なっているんですね。
イベントにしても、成功したり失敗したりするので、成功するまで同じクエストにチャレンジするのもアリ。
低レベルクエストを何度もクリアして経験値を稼ぎ、上級クエストに備える、というプレイスタイルが自分は好きなので、まずは一番最初の「はじめての冒険」を2回目挑戦中。

ちびキャラ化した女の子たちも可愛いし、なんかすごく面白いです。
自分的に。

課金要素はゼロだけど……
こんなのリリースして、スクエニ的にはどんな戦略なんでしょうか。
もしかして、商売抜きで、ただ単にやりたくてやってませんか、スタッフは?


ま、だから面白いのかもしれませんけどね……



あと、最近、すみっコぐらし~パズルをするんです~で、広告の動画を見るとダイヤをプレゼント、っていうシステムが追加されて、ついつい、いつも動画を見てしまう。

その中で、デスティニー・オブ・クラウンの広告がちょっと気になった。
まだリリース前で、事前登録受付中らしい。
なんだか、すごく面白そうな感じがしたので、とりあえず事前登録はしておいた。
ま、つまんなかったらアンインストールしちゃえばいいだけだしね。


どんな内容なのか、リリースが楽しみ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

たまにはゲームの話(2)

練習するのも大事だけど、休むのも大事かな、と。

今日はかなりバテたので、体力を温存。
ヴァイオリンを少し弾いただけで練習終了。
ヴィオラはお休み。


んで、たまにはゲームの話。
といっても、ゲーム自体、ほとんどやってない。



やってるモノといえば、果たしてゲームと呼べるのかどうかよく分からない、スマホのソシャゲー。


スクールガールストライカーズは今でもちょこちょこ細々とやり続けている。

課金はもうしていない……
お正月のすごろくには少し課金しちゃったけどな☆


いい加減、飽きてはいるのだけど、毎月繰り出してくるイベントが毎回、面白くてついつい見てしまう。
んで、ポチポチと自然回復のみで進める、という。
その繰り返し。


月末の協力戦においても、課金はしないし草(エリクサーの略)は使わずに(使っても1個くらい)、自然回復のみで戦い抜く。
それでも余裕でランキング報酬のUR補助券1枚ゲットできるまでになった。

まあ、草は貯まっているので、そのうち本気出すとしても……本気出してる暇がない、という。


困ったものだ。


あとは、すみっコぐらし~パズルをするんですも飽きているんだけどとりあえず毎日やっている。
ゲーム内で「しゅくだい」というのが毎日あって、それをやりきるとコインがもらえるので、貯めている。

貯まったら、ガチャを引く、アイテムゲット! という流れを繰り返している。
このゲーム、一時期は難易度が高すぎるとかって、2ch上でさんざん叩かれていた。
開発にドイツ人の会社が関わっていたのだが、どうもドイツ人の発想は日本では受けなかったようで。

やがて、ドイツ人の会社は切り捨てられて、日本の会社が後を引き継いでからは、それなりに面白くなったようだ。
ドイツ人、音楽ではいい仕事してるけど、ゲーム開発では日本に負けてる。


他には、ディズニーツムツムというのも妻にインストールさせられている。
これは、ゲームをプレイするのに必要な「ハート」を送るために、ワシも登録させられたのだった。

一時期は集中してプレイしたけど、今では飽きちゃってやる気が起きない。
たまにプレイして、200万点以上のスコアを出したらやめている。
月曜日になると、200万点達成のボーナスコインがもらえるからね。

まあ、そんなモノ、もらえたところで今さらどうということはないのだが……


んで、最近になって、また別なゲームをインストールさせられた。
LINE POPショコラという。

妻と娘と孫の3人はかなりハマっているらしく、これまたハートを送るために登録させられた。
う~ん、これは完全に、女性向けだと思うけど?

別にねー、かわいい系のキャラとか、興味ないですから。
女の子だったら興味あるけど。

それほど面白いワケでもないのだが、ちょっと横になったときとかに開いてちょこちょこプレイしてみる。

うん。

別にどうってことねぇ!!
(T▽T)


しかも何なんですか、クリアしたときの、コニーとブラウン(っていうのか?)の、シュールな動きは?
謎ダンス?


何か、シュールすぎて笑える。



スマホにインストールしてるゲームは、それくらいかな~。

あんまり、面白すぎるゲームなんてやっちゃって、仕事とかやる気なくなっても困るしね。
ニンテンドー3DSのすれちがいゾンビとかフィッシングはちょっと面白かったけど、もう飽きた。


最近、ゲームはすぐ飽きてしまってダメだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ゲームな夢

今日はさすがに疲れたので、練習はお休み。

そこで、だいぶ前に見たゲームっぽい夢の話をしようと思う。
いつ見たのかも覚えていない、もう何年も前に見た夢なのだが、内容だけはハッキリと覚えている……



~~~~~~~~~


岩山をくりぬいて建造したような古代遺跡の神殿のような建造物の中にいる。
通路の先には、大広間があった。

天井はそれほど高くはなく普通に人間が楽に立って走れそうなくらい。
たくさんの柱が立ち並び、天井を支えている感じ。
そこも岩を掘りぬいてつくったような造りで、かなり広い。
どこまで広がっているのか、よく分からない……
しかし、遠くの方に光が見えていて、どうやらそこが出口らしい。

俺は、その出口に向けて走り出した。
すると、林立する柱の陰から、どこに隠れていたものか、鳥の姿をした化け物が何羽も現れて、こちらに向けて突進してきやがる。

鳥の化け物の姿は薄暗くてよく分からないが、青みを帯びた羽をしていて細い首に鋭い嘴を持っているようだ。
そいつらが、明らかに俺を狙って走り寄ってくる。

俺はなぜか、ハンドガンのような銃を携行していて、その銃で鳥の化け物をドン! と撃ち殺しながら進んだ。
出口の光を目指して走りながら、次々と柱の陰から走り寄ってくる鳥の化け物を撃ち殺す。

だが、銃にはどうやら弾数制限があったようで、すぐに弾切れになってしまった。
もう撃てない。

しかし、鳥どもはわらわらとさらに数を増して、俺に迫ってくる……
必死に走って逃げようとするが、前方の柱の陰からも鳥は現れてきて、ついに取り囲まれ、一斉につつかれ、噛みつかれた。

ぎゃあー!!


すると画面に「GAME OVER」と表示され、またさっきの広間の入り口からやり直しになった。
どうやらこれはゲームらしい……
ここにたどり着くまでにも、恐らく様々なトラップやら敵やらを乗り越えてきたのだろう。
記憶にはないが……たぶんここがセーブ地点なのだ。


それはともかく、再スタート。
また、銃を構えて出口目指して走り出す。
今度も鳥どもが柱の陰からわらわらと現れる……

ドンッ! ドンッ! と撃ちつつ進むが、やはり弾数が圧倒的に足りない。
すぐに撃ち尽くして、また鳥どもに捕まってしまった。


こ、これは難しい……

そこで考えた。
弾数制限が厳しいので、あまり無駄弾を撃たず、必要最小限の鳥だけを撃って、とにかく逃げ切るしかない。


よし、行くぞ……

とにかく逃げること最優先で、猛烈に全力疾走する。
柱の陰から、鳥どもが現れてこちらを追いかけてくるが、構っているいとまはない。
できるだけ撃たずに、逃げる。


前方の柱の陰からも、ふいに鳥が現れるが、そういうときは銃を撃って排除する。
あと、どうしても追いつかれそうになったときだけ、後ろに向けて撃って鳥を殺す。

弾を節約しつつ、出口を目指してひた走る……


あまり撃ち殺してないので、いつの間にか後ろや周りが鳥だらけ。
集団で俺を追いかけてきている……

あともう少しで出口、というところまで来たが、やはりギリギリで弾切れ。
またも鳥どもに取り囲まれてGAME OVER。


くそっ、無理ゲーすぎる!

そんなことを何度か繰り返し。
結局、脱出できたのか、できないまま目が覚めたのか、その辺はよく覚えていない。
できたような気もするし、できなかったような気もする。

でも、目が覚めたとき、なんじゃこの夢は……?
と、ひたすら謎だった。

生身の体でゲームしている、という。
しかし、ゲームだから死にはしなくて、セーブポイントからやり直しになるだけ。


謎な夢だった……


もうひとつある。


~~~~~~~~~


俺は特殊部隊の隊員か何からしく、黒いコンバットスーツに身を包んでいる。
背中には、ジェット噴射するバックパックを背負っていて、それで空中を飛んでいる。
手には、ライフル銃のような(たぶん光線銃)武器を構えている。

もう一人の、相棒の隊員と一緒に、二人で飛びながら向かっている目標物は。

眼前に、上が平らになったピラミッドのような、巨大な建造物がそびえ立っていた。
台形ピラミッド、とでもいうのか。
表面は白くて、ツルツルと滑らかな壁になっていた。

その建造物めがけて、俺たち二人はすーっ、と飛んでいった。

斜面になった壁の一部に、黒く口を開けた入り口があった。
ちょうど、人ひとりが通り抜けられるくらいの、長方形の開口部だった。

俺たちは、そこから内部へと侵入した……


内部には、ちょうど外壁に沿うような形で、左右に通路が伸びていた。
いかにもSF映画にありそうな、未来的なデザインの通路だ。


その通路を、右だったか左だったかは覚えていないが、一方へ向けて進んでいった。


少し進むと、通路の壁に扉がある。
開けてみると、さらに通路が続いている。
どうやら、通路は外壁に沿った方向に伸びていて、さらに内側にも同じように何層にも重なって伸びているらしい。

通路はときどき行き止まりになったり、さらに内側につながったりして、迷路のように入り組んでいるらしいことが分かった。

まだ、部屋らしきものには行き当らない……


不審に思いつつ、どんどん進んで行く。


ふと通路の角を曲がると、前方に何か見える。
まるで蟻(アリ)が巨大化したかのような姿をした、エイリアンだった。
しかも、数が異常に多い。
それほど広くもない通路の向こうから、物凄い数でわらわらとこちらへ向かってきている。

やべぇ……

俺は相棒と二人で、装備していたレーザーガン(のようなもの)をぶっぱなして、片っ端から蟻型エイリアンを殲滅にかかった。

だが、数が多すぎる……

撃っても撃っても、後からあとから次々と湧いて出てきやがって、キリがない。
むしろ、どんどん距離を縮められている……

これはダメだ。

俺は相棒に合図して、撤退することにした。

急いで元来た通路を引き返そうとする。


すると、いつの間にかさっき来た通路の方からも、蟻型エイリアンがわらわらと無数に迫ってきているではないか!

うそ!?
挟み撃ち!?

仕方なく、相棒と背中合わせになりながら、二人で必死に迫りくる蟻型エイリアンを撃ち殺しまくる。
だが、撃てども撃てども後ろから無限に湧いて出てきやがるエイリアンども。
次第に距離を詰められ、ついには二人とも捕まってガリガリかじられてしまう羽目に……


ぎゃあー!!


そこで、画面に「GAME OVER」と表示された。
あれ、これってゲームだったの?

ふー、よかったぁ~。
ε=(´o`;)



いつの間にか、さっきの台形ピラミッドを眼下に臨む丘の上から再スタートになっている。
しかし、今度は再突入することなく、そこで目が覚めた。


なんつー無理ゲーだ……


でも、ちょっと前まで、すごく難易度の高いゲームを攻略するのが好きだったからなぁ。
このくらいの無理ゲーを、どうにかして攻略する、ってのが面白いワケでして。

極魔界村、とか。
あと古いところでは、雷電Ⅱとか。

でも、ひとつ目の弾数制限のある銃で敵を撃ちながら逃げる、ってのはバイオハザードを思い起こさせるなぁ……


でも、最近はゲーム自体、あまりやってない。
ゲームと呼べるのかどうか分からないけど、スクールガールストライカーズはちょこちょこと今でもやってる。
まあ、正直、飽きてるけど惰性で続けてるだけだけどね……


明日は練習すんぞっ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

スクールガールストライカーズ(ナニソレ

今日の練習は、無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番、第4楽章アレグロ・アッサイのみ。
今日は、少しテンポアップして、これくらいで録音しようかな、という速さで弾いてみた。

おおむね、止まらず弾くことは可能だった。
多少、音がスカったりする箇所がある他、ハイポジションのところがやっぱりまだ完璧には行かなかった。

なので、後半をもう一度、ゆっくり練習し直し。
ハイポジション部分も、何度も繰り返し練習。
最後には、ハイポジションも正確に音程が取れるようになった。
この状態で、明日以降に持ち越し。
もうすぐ、録音に行けそう。
なので、他の曲は弾かないで、これ一曲に集中。



それはそうと、スマホを持っている。
これまで、もっぱらインターネットの閲覧にばかり使用していて、ゲームは『おさわり探偵 なめこ栽培キット』以来、何もやってはいなかった。

で、スマホでインターネットのサイトとか、ブログとか、閲覧していると、広告が出るワケです。
ええ、そうです。
『スクールガールストライカーズ』の広告が、です。

最初の頃は、何それ? ってな感じで、スルーしていたんだけども。
ある日、画面下部に、少し大きめの画像で女の子(アニメ絵の、ね)が次々に衣装チェンジする広告が出るではないか。

制服(冬)、ナース服、メイド、スク水、浴衣、野球ユニフォーム、変身……(順番違うかも)


な、何ぃーっ!?

Σ( ̄□ ̄;)!!

こ、これは……!?
萌える(バカ)
(-_-;)……


で、3日ほど悩んだ末、無料だし、ということでダウンロードしてみた。
(^-^;)……
(ってゆーか、悩むな)

これが、1週間くらい前の話。
やってみると、最初のチュートリアルが、なげぇ……
最近のゲームって、取説がない代わりに、ゲーム中で操作方法とかシステムの説明を行うスタイルが主流となっている。
これが、古い人間には、たいへんにウザい。
まあ、多少、疲労感を覚えつつも、空き時間等にちょこちょこと進めて行く。

ん~、ま、確かに、女の子(アニメ絵)は可愛いし、ビジュアルもキレイだ。
ただ、ゲームとしては、そんなに面白くはないかな……
戦闘シーンが、ただ見てるだけ、ってのは、あまりハマらないポイントだ。

あと、ゲームを進めるためには、「探索ポイント」というのが必要で、これが案外、すぐなくなってしまう。
時間が経てば回復するものの、1ポイント回復に3分かかるので、そうすぐにサクサク進める、というワケには行かない。
探索ポイントを回復するアイテムもあるにはあるが、これがまた、有料。
しかも、1個、100円もする。
こんなの、いちいち100円払ってたら、あっという間に何千円も掛かってしまいそうだ。

さらに、女の子(アニメ絵)の衣装をたくさん集めようと思ったら、「レアガチャ」というのを引かなくちゃならない。
これがまた、有料。
しかも、1回、300円。
高い。高すぎる。
10連レアガチャ3,000円、てのもある。

しかも、衣装は各人、それぞれ専用なので、自分のお気に入りの女の子(アニメ絵)の衣装を入手しようと思ったら、いったい何回ガチャを引かなければならないのだろうか。

恐らく、とうてい3,000円(10回)程度じゃ、収まるまい。
だって、女の子は29人もいるんだから(!)。

いやぁ~、えげつなく金喰い虫なゲームですな。

一度、お金をつぎ込み始めたら、際限なく何万円も突っ込んでしまいそうな、恐ろしさを感じる。
だから結局、まだ1円もつぎ込んでいない。

さらに。

このゲーム、部屋に自分が選抜したストライカーチームの女の子が5人、歩きまわっているんだけども(パートナーに選んだコだけいつも正面にいる)、彼女たちにタッチすると、いろいろと反応を示すんですね。
頭や顔をタッチすると、話をする、ってのはまだいいとしても。

体や胸をタッチすると、「えっ? なに、なに!?」とか、なんだかエッチな反応をしてくれるワケですね。


(-_-;)……

まったく、不埒極まりないゲームだな。

えげつなくて、不埒。
そんなゲームですわ。

でも絶対、ハマって何万円も突っ込んでる人が、日本中にたくさんいるに違いない……
だって、「対戦」とかで出てくる、他の人たちが育ててるチーム見ると、なんだかすごいメモカ(ゲーム内における武器)や衣装を装備している女の子たち(アニメ絵)がいるから。
相当、レアガチャを、お金払って引きまくったであろうことは想像に難くない。


俺は、まあ、いい歳だし、今さらこうゆうのにお金を大量につぎ込む気には、なれないワケです。
こうゆうのにお金を何千円もつぎ込むんだったら、ヴァイオリンの楽譜やCDやらを買った方が、有意義だなぁ、と思っちゃうのね。
だから、探索ポイント足りねぇ~、探索エリクサー(探索ポイントを回復させるアイテム)買っちゃおうかな? と迷っても、結局、買わないで、まあいいや、1時間もすれば回復するだろ~、と思ってしまう。

そこら辺は、開発側(スクウェアエニックス)も考えていて、時間制限ありの「突発ミッション」とか「チャンスゾーン」とかを発生させて、「ほらほら、時間内にクリアしないと、貴重なアイテムが手に入らないぞ~?」と誘ってくる。
あと、ハナちゃんとかいうキャラ(どこからどう見ても、トイレの花子さんでしょ。本当にどうもありがとうございました)が出てきて、○○限定メモカはいらんかねぇ~? などと誘ってくる。

俺は、いまだに誘いには乗らずに、無料を貫いているけども……


そのうち、誘惑に負けてお金突っ込んじゃうんだろうか。
あるいは、その前に、飽きちゃう気もしないでもない。
そこまで面白いゲームでもないから(笑)

とにかく、エロいのが売りなのかなー、と思うワケです。
ゲーム性云々よりも。

今さらこの歳で、それもなぁ……
確かに、女の子(アニメ絵)は可愛いけどね。
でも、それだけ。
あ、でも、ストーリーで彼女たちが繰り広げるやり取り(コントか?)は、けっこう面白いよ。
無料の範囲内だし。

ただ、そうは言っても、やっぱり、しょせんはアニメ絵だしねぇ。

生身の女の子の方が、いいでしょ。

と言っても、全然、モテないから、意味ないんだけども。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ばっかバッハ

Author:ばっかバッハ
ヴァイオリンを習い始めたのは16歳くらい。
それから30年以上の歳月が流れ…今ではアラフィフ。
年齢とともに楽器を弾くのが辛くなってきたので、ゲームで遊ぶことも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード